離婚そして12歳年下の彼女との再婚、30代後半男の恋愛、男、女、酒、仕事、家族、遊びについて
 
<< 小学生のときありがちなこと、やったことあること | main | 3月3日 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2008.11.08 Saturday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
ユニバーサルデザイン
先週金曜日に
ユニバーサルデザインの講習会と懇親会に参加してきた。

色弱と言う言葉自体が差別なのだが、
そういう色覚障害を持った人は血液型AB型と同等の人数がいるらしい。

緑と赤が見えにくい。

デザインする側にとって、青しか使えないじゃない?
ある意味色について軽く考えてたなぁって考えさせられた。

あと世の中の道具やパッケージには非常に使いにくいモノが多い。
という事を思い知らされた講習会だった。

こんな講習会に
うちの営業マンも大いに参加してもらって、
企画のネタを考えれる人を育てて欲しいものだ。
【2007.03.01 Thursday 18:47】 author : アナキン
| 仕事 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
【2008.11.08 Saturday 18:47】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://darkside-k2.jugem.jp/trackback/83
トラックバック
ユニバーサルデザインについて
ユニバーサルデザインユニバーサルデザイン(Universal Design、UDと略記することもある)とは、文化・言語の違い、老若男女といった差異、障害・能力の如何を問わずに利用することができる施設・製品・情報の設計(デザイン)をいう。.wikilis{font-size:10px;color:#6
| デザインの杜 | 2007/03/11 2:09 AM |